" /> 【連載】呼吸との出会いと呼吸器との出会い:個人的履歴と呼吸器臨床における「呼吸」の意義■第6回 これはTranslational medicineだ!:ZenとMindfulness,何が共通しているのか?■貫和敏博 |
呼吸臨床

【連載】呼吸との出会いと呼吸器との出会い:個人的履歴と呼吸器臨床における「呼吸」の意義


第6回 これはTranslational medicineだ!:ZenとMindfulness,何が共通しているのか?

貫和敏博*


*東北大学名誉教授


[Essays] A tale of two domains: "breathing movement" and "gas-exchange/lung science" - A personal history and the significance of breathing in the respiratory medicine 

No 6: The essence of traditional Japanese practice is translated into contemporary medicine:What are common characteristics in Zen practice and Mindfulness? - Soma posture, breathing, and interoception


Toshihiro Nukiwa*


*Professor Emeritus, Tohoku University


呼吸臨床 2018年2巻9号 論文No.e00067
Jpn Open J Respir Med 2018 Vo2. No. 9 Article No.e00067

DOI: 10.24557/kokyurinsho.2.e00067


掲載日:2018年9月13日


©️Toshihiro Nukiwa. 本論文の複製権,翻訳権,上映権,譲渡権,貸与権,公衆送信権(送信可能化権を含む)は弊社に帰属し,それらの利用ならびに許諾等の管理は弊社が行います。


(第5回はこちら





はじめに

 筆者は連載の第1回に自身の原点体験を紹介した。偶然で始めた坐禅というSomaの抗重力姿勢と,呼吸というSomaの通奏振動制御は,非常に深く私の人生に作用したという話である。50年前の3年間,浪人生としてのほぼ素人の坐禅,東大駒場におけるサークル活動としての坐禅,そして東大ストライキの1年を居士として過ごした三島市の専門道場,龍澤僧堂での坐禅である。私はこの3年間で,「坐」と「呼吸」をbaseにする身体修行である仏教は,現代医学で説明される必要があると,強く印象付けられた。


 しかし50年前の医学である。取りかかる手懸かりはほとんどない。自身の履歴として,当初はneurochemistryを学んだが,師との出会いを機に,実際には呼吸器病学を専門として過ごした。しかしその間も,この原点体験の通奏低音は身体の奥で響き続けている。40歳からは西野流呼吸法という,不可思議なSomaの相互交感世界を通して,さらに考え続けてきた。


 ところで,私と同じような若い時期に禅仏教に触れ,見性(revelation)を契機に,坐禅というpracticeを医学に取り込む努力をした米国人がいる。Jon Kabat-Zinn教授である。彼はマサチューセッツ大学(UMass)に勤務しながら,1979年,仏教色を取り込まずに,身体・瞑想修行により不安,身体不調から回復する,Mindfulness-based Stress Reduction(MBSR)の活動を開始した。


 仏教のessenceを臨床医学に応用する。これって今でいうTranslational medicineではないか! 筆者が求めたNeurochemistryでも,Neurophysiologyでもない,まったくの臨床である。しかし,それから40年,Mindfulnessのもたらす臨床効果は,ゆっくりとNeuroscienceの本陣に切り込みつつある。


 第6回では,医者でアガデミックな環境にいながら,こうしたSomaへの修行practiceを考える貴重な存在である日米の研究者を取り上げ,仏教の基礎修行である坐禅や呼吸法を通して,Somaへの鍛錬を多方面から考える。それにはさらに,例えば坐という姿勢訓練の意味や,現在西欧でいわれ始めたbody awarenessも実は組み込まれている。


 瞑想meditationというと,あたかも脳からの作動のように受け取られるが,そうではない。逆である。Somaのsettingがもたらした脳の状態のshiftがmeditationであると,実際に座ると感じられる。