" /> 【特集】遺伝子診断を加味した画像診断■肺癌手術例の遺伝子変異とCT画像:oncogenic driver遺伝子変異を読み取ることができるか?■堀尾芳嗣 |
呼吸臨床

【特集】遺伝子診断を加味した画像診断

企画:楠本昌彦


 肺癌のドライバー遺伝子変異に関しては複数が見つかっており,それに対応した分子標的薬は肺癌診療を大きく進歩させつつある。肺癌の遺伝子異常は数多く調べられているが,これらの遺伝子異常とその肺癌が持つ画像的特徴については,まだまだ広く知られる状況にはない。それは,おそらくこれらの遺伝子情報が画像所見と直接結びつかないためと思われる。かといって,まったく無関係であるというのでもなさそうである。今回は,現在よく知られている肺癌の遺伝子異常とその肺癌がもつ画像的特徴について,現時点でどれだけの関連性があるのか,ないのか,ということに力点をおいてそれぞれのエキスパートに概説していただき,そのうえで臨床現場に還元できるところを探っていきたい。

肺癌手術例の遺伝子変異とCT画像:oncogenic driver遺伝子変異を読み取ることができるか?

堀尾芳嗣*


*愛知県がんセンター中央病院外来部/呼吸器内科部(〒464-8681 愛知県名古屋市千種区鹿子殿1-1)


Computed tomography imaging of lung cancer with oncogenic driver mutations: Can we predict somatic mutation status?

Yoshitsugu Horio*

*Department of Outpatient Services, Department of Thoracic Oncology, Aichi Cancer Center Hospital, Nagoya


Keywords:肺癌,ドライバー遺伝子変異,CT,すりガラス陰影,充実結節/lung cancer,driver mutation ,CT,ground-glass opacity,solid nodule



呼吸臨床 2018年2巻8号 論文No.e00051
Jpn Open J Respir Med 2018 Vol.2 No.8  Article No.e00051

DOI: 10.24557/kokyurinsho.2.e00051


掲載日:2018年8月31日


©️Yoshitsugu Horio. 本論文の複製権,翻訳権,上映権,譲渡権,貸与権,公衆送信権(送信可能化権を含む)は弊社に帰属し,それらの利用ならびに許諾等の管理は弊社が行います。





要旨

 高分解能computed tomography(high-resolution CT:HR-CT),薄層CT(thin-section CT:TS-CT),低線量CT(low dose CT:LD-CT)とすりガラス結節(ground-glass nodule:GGN)の概念や肺結節(solitary pulmonary nodule:SPN)の診療アルゴリズムの普及も手伝って末梢小型肺癌の検出率が上昇している。ここではoncogenic driver遺伝子変異からみた非小細胞肺癌のCT画像について話題を提供したい。