呼吸臨床

【特集】スペインインフルエンザ流行から100年目を迎えて

企画:藤倉雄二


 古来より,季節性に流行・強い伝染力で急速に集団感染をおこし,急激な発熱,上気道炎症状に加え,時として筋肉痛や関節痛など全身症状を呈する一過性の疾患が知られていた。この疾患はインフルエンザと呼ばれ,多くの歴史的資料に流行の記録が残されている。このインフルエンザ流行の中でとりわけ最大・最悪とされるのが1918年から1920年にみられたパンデミック(スペインインフルエンザ)である。全世界で数千万人,日本でも385,000人が死亡したもと言われ,その臨床像の解析や原因微生物の究明などについて数多くの論文が残されている。

 2018年はスペインインフルエンザ流行から100年にあたる年である。この100年でウイルスの理解も進み,治療,ワクチンに代表される予防法も目覚ましい進歩を遂げた。しかし,現在でもインフルエンザの制御は困難であり,冬季の流行や施設内でのインフルエンザアウトブレイクといった社会上・医療上の問題は解決されていない。むしろ,高病原性鳥インフルエンザや新型インフルエンザ等,通常の季節性インフルエンザ以外にも注視すべきものが多くなりつつある。

 今回の特集では,スペインインフルエンザ流行から100年目を迎えたのを契機に,わが国のインフルエンザ専門家である先生方にお願いし,過去,現在,未来への展望を執筆していただいた。1つの区切りとして,あらためてインフルエンザについての理解を深めたい。


スペインインフルエンザの臨床像:1918年当時の入院診療録の評価と2009年新型インフルエンザの対比から

工藤宏一郎*

*有隣病院(〒156-0055 東京都世田谷区船橋2-15-38),早稲田大学地域・地域間研究機構


Clinical characteristics of Spanish influenza – Evaluation of medical charts in 1918 and comparison with influenza pandemic in 2009

Koichiro Kudo*

*Yurin Hospital,Waseda University


Keywords:スペインインフルエンザ,重症性リスク,肺音(不連続性ラ音),呼吸数,高熱持続,二相性熱型,基礎疾患,トリアージ/Spanish influenza, risk factors, disease severity, adventitious discontinuous lung sound,respiration rate, continued high fever, di-phasic fever, underlying diseases, triage


呼吸臨床 2018年2巻7号 論文No.e00032
Jpn Open J Respir Med 2018 Vol. 2 No. 7 Article No.e00032

DOI: 10.24557/kokyurinsho.2.e00032


掲載日:2018年7月13日


©️Koichiro Kudo. 本論文の複製権,翻訳権,上映権,譲渡権,貸与権,公衆送信権(送信可能化権を含む)は弊社に帰属し,それらの利用ならびに許諾等の管理は弊社が行います。




要旨

 1919〜1920年(100年前)に東京第一衛戍病院に「流行感冒性肺炎」(スペインインフルエンザ)で入院した470名の兵士・士官の診療録から,臨床像を描き,理学所見を中心にした重症性に関与するリスク因子を検討した。肺音不連続性ラ音,最大呼吸数,入院から高熱持続(6日以上),二相性熱型が重症性のリスク因子であった。現代と当時では,医学・医療および社会的背景に著しい違い(発展・進歩)があり,2009年の新型インフルエンザ(H1N1pdm09)より人的被害は膨大であったが,両者の病態には共通性を認めた。他方H1N1pdm09では基礎疾患の関与も重症性に影響しており,時代に則した疾病構造の検討が,将来のインフルエンザパンデミック対策に必要である。