呼吸臨床

【特集】スペインインフルエンザ流行から100年目を迎えて

企画:藤倉雄二


 古来より,季節性に流行・強い伝染力で急速に集団感染をおこし,急激な発熱,上気道炎症状に加え,時として筋肉痛や関節痛など全身症状を呈する一過性の疾患が知られていた。この疾患はインフルエンザと呼ばれ,多くの歴史的資料に流行の記録が残されている。このインフルエンザ流行の中でとりわけ最大・最悪とされるのが1918年から1920年にみられたパンデミック(スペインインフルエンザ)である。全世界で数千万人,日本でも385,000人が死亡したもと言われ,その臨床像の解析や原因微生物の究明などについて数多くの論文が残されている。

 2018年はスペインインフルエンザ流行から100年にあたる年である。この100年でウイルスの理解も進み,治療,ワクチンに代表される予防法も目覚ましい進歩を遂げた。しかし,現在でもインフルエンザの制御は困難であり,冬季の流行や施設内でのインフルエンザアウトブレイクといった社会上・医療上の問題は解決されていない。むしろ,高病原性鳥インフルエンザや新型インフルエンザ等,通常の季節性インフルエンザ以外にも注視すべきものが多くなりつつある。

 今回の特集では,スペインインフルエンザ流行から100年目を迎えたのを契機に,わが国のインフルエンザ専門家である先生方にお願いし,過去,現在,未来への展望を執筆していただいた。1つの区切りとして,あらためてインフルエンザについての理解を深めたい。


インフルエンザについての現在の理解

谷口清州*

*国立病院機構三重病院臨床研究部(〒514-0125 三重県津市大里窪田町357)


Current understanding on influenza

Kiyosu Taniguchi*

*Department of Clinical Research, National Mie Hospital, Tsu


Keywords:インフルエンザ,インフルエンザウイルス,抗原原罪説,連続変異/influenza,influenza virus,original antigenic sin,antigenic drift


呼吸臨床 2018年2巻5号 論文No.e00033
Jpn Open J Respir Med 2018 Vol. 2 No. 5 Article No.e00033

DOI: 10.24557/kokyurinsho.2.e00033


掲載日:2018年5月30日


©️Kiyosu Taniguchi. 本論文の複製権,翻訳権,上映権,譲渡権,貸与権,公衆送信権(送信可能化権を含む)は弊社に帰属し,それらの利用ならびに許諾等の管理は弊社が行います。




要旨

 インフルエンザウイルスはヒト世界の感染環のなかでヒトの免疫学的圧力から逃れる方向に連続的に変異し,間断ない感染環と軽症から重症まで広い臨床スペクトルにより,ヒトとの共存においてヒト世界で生存している。一方では動物世界に入ってそこでの感染環で維持されていたインフルエンザウイルスは,再びヒト世界との交差によってヒト世界の感染環に入ると,当初は重症感染が多発することがあっても,再びヒトとの共存の方向に向かっていくものと思われる。