【特集】スペインインフルエンザ流行から100年目を迎えて

企画:藤倉雄二


 古来より,季節性に流行・強い伝染力で急速に集団感染をおこし,急激な発熱,上気道炎症状に加え,時として筋肉痛や関節痛など全身症状を呈する一過性の疾患が知られていた。この疾患はインフルエンザと呼ばれ,多くの歴史的資料に流行の記録が残されている。このインフルエンザ流行の中でとりわけ最大・最悪とされるのが1918年から1920年にみられたパンデミック(スペインインフルエンザ)である。全世界で数千万人,日本でも385,000人が死亡したもと言われ,その臨床像の解析や原因微生物の究明などについて数多くの論文が残されている。

 2018年はスペインインフルエンザ流行から100年にあたる年である。この100年でウイルスの理解も進み,治療,ワクチンに代表される予防法も目覚ましい進歩を遂げた。しかし,現在でもインフルエンザの制御は困難であり,冬季の流行や施設内でのインフルエンザアウトブレイクといった社会上・医療上の問題は解決されていない。むしろ,高病原性鳥インフルエンザや新型インフルエンザ等,通常の季節性インフルエンザ以外にも注視すべきものが多くなりつつある。

 今回の特集では,スペインインフルエンザ流行から100年目を迎えたのを契機に,わが国のインフルエンザ専門家である先生方にお願いし,過去,現在,未来への展望を執筆していただいた。1つの区切りとして,あらためてインフルエンザについての理解を深めたい。


予防と治療の進歩:予防と治療における最近の話題

田村大輔*

*自治医科大学小児科(〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1)


Advance in prevention and treatment : recent topics in prevention and treatment 

Daisuke Tamura*

*Deparment of Pediatrics, Jichi Medical University, Shimotsuke


Keywords:インフルエンザ,抗インフルエンザウイルス薬,ノイラミニダーゼ阻害薬,ワクチン,有効率/influenza, anti-influenza virus drugs, neuraminidase inhibitors, vaccine, effective rate



呼吸臨床 2018年2巻3号 論文No.e00035
Jpn Open J Respir Med 2018 Vol. 2 No. 3 Article No.e00035

DOI: 10.24557/kokyurinsho.2.e00035


掲載日:2018年3月31日


©️Daisuke Tamura. 本論文の複製権,翻訳権,上映権,譲渡権,貸与権,公衆送信権(送信可能化権を含む)は弊社に帰属し,それらの利用ならびに許諾等の管理は弊社が行います。




要旨

 抗インフルエンザウイルス薬は,3種類(M2蛋白阻害薬,ノイラミニダーゼ阻害薬,RNAポリメラーゼ阻害薬)に分けられるが,有効性と投与経路の多様性からノイラミニダーゼ阻害薬が頻用されている。RNAポリメラーゼ阻害薬であるアビガンは,治療対象疾患が新型インフルエンザであり,パンデミックが発生しないかぎり市場に流通することはない。任意接種であるワクチンは,感染予防としての認識の高まりから,近年製造量は増加している。